コンセプト

青空を背景に美しく佇む白亜の邸宅。
鮮やかな緑の中で始まる、世界に一つだけのウェディングパーティ!

出逢ってから今まで、おふたりが積み重ねてきた、たくさんの物語。
想い出の場所、記念日に交換したプレゼント、心を込めて伝えた言葉...。
きっとすべてが大切な宝物になっているはず。

そんなおふたりの想い出一つひとつを形にして、
ともに人生を歩んできた大切なゲストの皆さまに紹介してみませんか?

たくさんの緑に囲まれた真っ白な邸宅は、自由な発送で思い通りのウェディングを叶えたいおふたりのためのステージ。
世界に一つだけの物語が新たに誕生します。

挙式、パーティ、会場コーディネート。すべてがおふたり色に

挙式、パーティ、会場コーディネート。すべてがおふたり色に

鮮やかなグリーンに囲まれたガーデンと白亜の邸宅。結婚式当日はこの夢のようなロケーションがすべて完全貸切!おふたりがオーナーです。

おふたりらしさを存分に表現して理想のすべてを形にしてみましょう。小さいころ憧れていたお城での舞踏会や、お気に入りの映画の世界観など、叶えてみたいウェディングスタイルを実現するのは、決して不可能ではありません。

昼のパーティでは緑輝くガーデンを最大限に活かして

昼のパーティでは緑輝くガーデンを最大限に活かして

陽光降り注ぐデイタイムは、ガーデンの緑が美しく輝く時間。パーティ会場の窓を開け放てば、心地のよいそよ風とともに開放的な風景が広がります。パーティ会場とガーデンを自由に行き来して、ゲストと触れ合える時間を楽しみましょう。屋内外それぞれの演出を用意すれば、想い出いっぱいの忘れられない一日に。

夜のパーティは光の演出でロマンティックなひとときを

夜のパーティは光の演出でロマンティックなひとときを

ナイトタイムは雰囲気がガラリと変わり、アーバンシックな大人のパーティに。イルミネーション輝くガーデンでは、ゲストとシャンパンで乾杯を。プロのアーティストが奏でる柔らかな調べと、ほのかにゆれるキャンドルの光がロマンティックな雰囲気を生み出します。ダイナミックな屋外シアターやフィナーレを飾る花火など、ゲストをあっと驚かせる演出も可能です。

結婚式までの流れ結婚式までの流れ

STEP 1. テーマを決めよう

STEP 1. テーマやスタイルを決めよう

おふたりの大切な想い出や、共通のお気に入りは何でしょう。
旅先で見た風景?共通の趣味?大好きなアーティストの曲? 一緒に「いいね!」とうなずけるものや出来事をテーマに掲げましょう。

オリジナルウェディングを形作っていくお楽しみは、ここからスタートです!

STEP 2. 衣裳を決めよう

ウェディングドレスは幼いころからの憧れ。どんな衣裳を着るかは花嫁にとって大きな関心事のひとつです。人気の衣裳を揃える直営ドレスショップで、担当スタイリストがお待ちしています。ガーデンの緑に映える理想のイメージを想像しながら、運命の一着を見つけましょう。

STEP 2. 招待状を出そう
STEP 3. 衣裳を決めよう

STEP 3. 招待状を出そう

招待するゲストを選ぶときには、「おふたりが本当に招待したい人」、「お家やご両親と関わりのある人」、「余裕があればお招きしたい人」など、最初にある程度のグループ分けをしておくと調整しやすくなります。

招待状には、テーマに関連するものを何か1つ加えると、オリジナルセンスが感じられてステキですよ!

STEP 4. 会場をコーディネートしよう

ウェディングを彩る数々の装飾品たちがゲストに伝えるのは、おふたりだけに存在する数々のストーリー。出逢いから結婚式の日までの出来事、おふたり共通の「いいね!」、家族やお友達への感謝の気持ちなど、それらをアイテム一つ一つに丁寧に託していきましょう。世界に一つだけのオリジナル空間が完成していきます。

STEP 4. 会場をコーディネートしよう
STEP 5. お料理を決めよう

STEP 5. お料理を決めよう

ふたりのために駆けつけてくれたゲストをおもてなしするお料理。すべての方に喜んでいただけるようゲストの目線で選びましょう。ゲストそれぞれのアレルギーにも対応いたしますので、お気軽にご相談を。

新郎新婦の出身地の食材を取り入れるなど、おふたりのことをよりゲストに知ってもらう料理の演出もおすすめです。

STEP 6. 演出を決めよう

心地よい音楽に耳を傾けながら甘いスイーツと紅茶を楽しむ、おとぎ話のティータイムのようなおもてなし演出や、新郎新婦自ら参加してゲストと積極的に触れ合うアットホームな演出など、ガーデンでのパーティはスタイルも様々!ナイトウェディングなら花火を打ち上げて華やかに締めくくるのも良いでしょう。

STEP 6. 演出を決めよう
STEP 7. 写真を撮ろう

STEP 7. 写真を撮ろう

結婚式を控えた別の日程を設けて、ゆっくり時間をかけて写真を撮影する「プレフォト」。おふたりの自然な笑顔や雰囲気が残せます。結婚式当日とは違う衣裳で撮影できるのもプレフォトの魅力のひとつです。 想い出の場所など、会場の外で撮影を行うことも可能です。プレフォトで撮影した写真を当日飾るウェルカムボードに使うアイデアもGood!

STEP 8. 結婚式がはじまります

おふたりのストーリーがギュッとつまったウェディングがいよいよ完成しました。おふたり色に染まった邸宅に、大切な人々をお招きしましょう。一歩足を踏み入れれば、きっとゲストから喜びの歓声が上がるはず!

さあ、特別な一日の始まりです。

STEP 8. 結婚式に向かいましょう