report-20150530

2015年05月30日 挙式
新郎
小林 裕樹 様
新婦
狩野 珠希 様
ゲスト人数: 104名

会場を決めた3つのポイント

  1. 可愛らしい雰囲気と大きなスクリーンがあるところ
  2. 貸し切りで結婚式が行えるところ
  3. イルミネーションがキレイなところ

Q1.挙式の感想をお願いします。

とっても緊張しましたが、感動的なチャペルムービーから始まり、最後はゲストの方のたくさんの祝福と笑顔に見守られ幸せな時間を過ごすことができました。広過ぎず白で統一され、ユリの香りが広がるチャペルはオススメです。私は教会の足元から見える水辺にもお花を置いて頂き、可愛らしい雰囲気を出してもらいました。また結婚式前夜と当日にブーケトスの練習をさせてもらったおかげで当日は上手に投げることができました(笑)

Q2.会場の飾り付け、コーディネートはどのようにされましたか?

大好きなお話のアニメーション映画をテーマにしました。とにかくその世界観を表現したくて、招待状、席次札、メニュー表、会場コーディネート、ウェディングケーキ、リングピロー、ドレス、アクセサリーなど全てにこだわりました‼手作りした物や今までコレクションで集めてきたグッズを使い、スタッフの尾内さんと吉田さんとウキウキ・ワクワクしながら飾り付けをしたことが楽しかったです。お花屋さんにも自分のイメージを伝え、当日は海の世界観を見事に表現してくださり大感動でした。おかげで主人公のキャラクターになりきって結婚式に臨むことができました(笑)

Q3.お料理はいかがでしたか?

どのゲストの方からも『料理が美味しかった‼』と言ってもらえました。私たちも試食会に参加し実際ゲストの方に食べて頂く料理を味見しましたがどれも絶品でした。ドリンクの種類やデザートブュッフェのケーキの種類が多かったことも大好評でした。子ども向けの料理もきちんとした物で喜んで頂けました。ウェディングケーキもイメージ通りのものを作って頂き大満足でした。

Q4.披露宴パーティーではどのような演出をされましたか?

入場ではウェディングテーマにした映画の曲を使用しました。お色直しでは主人公をイメージしたドレスを着て、映画に出てくるキャラクターのぬいぐるみを持って登場しました。 またゲストの方に『感謝の気持ち』を伝えたかったので、なるべくゲストの方と関われるようにアイシングクッキーを一人一人に配りながら各テーブルをまわりました。フォトクロップスを持って写真を撮ったこともいい思い出です。有名テーマパークを景品にしたジャンケン大会も盛り上がりました。オープニングムービーやプロフィールムービーも手作りしたものを流し喜んで頂けました。

Q5.打ち合わせ・結婚式当日のスタッフの対応はいかがでしたか?

こだわりが多かった私ですが、いつも笑顔で親身に相談にのってアドバイスをしてくださった吉田さんには大大大感謝です。私のイメージになるべく近づくように細かいところまで調整してくださり、本当に満足のいく結婚式となりました。結婚式の前に旦那さんが九州に出張に行っていたため一人で結婚式の準備をしていましたが、吉田さんがいてくれたおかげで頑張れました。前撮りを盛り上げてくれたり会場コーディネートを手伝ってくれた尾内さん、たくさんの演出を考え素敵な写真を撮ってくださったカメラマンの渡邉さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。

Q6.これから結婚される皆さんへ一言お願いします!

結婚式の準備は大変なこともありましたが、たくさん考え悩んで頑張った分、当日は満足のいく結婚式になると思います。また結婚式は日頃お世話になっているゲストや家族に感謝を伝える場にもなるため、おもてなしの心を持って結婚式に臨んでもらえるといいと思います。またテーマがあると色々な考えが浮かび、より自分たちらしい結婚式を作り上げていくことができると思います。一生に一度の結婚式が最高の思い出になるように楽しみながら頑張ってください。アルカーサルおすすめです‼

Planner to the Couple - プランナーからカップルへプランナーからカップルへ

ご結婚おめでとうございます!
お仕事の忙しい中本当に一生懸命準備してくださりありがとうございました。初めてご挨拶させていただいた時から、あるアニメーション映画(特に主人公)が好きというお話をいただいていて、お打合せでもその世界観を出せるようにたくさんお話させていただきました。ウェディングケーキも会場コーディネイトもロビーの飾りつけも、見事に映画の世界観を出していてとっても可愛かったです。 明るくて笑顔の素敵なお2人で前撮りも、スタッフ一同本当に楽しませていただきました。お打ち合わせ、前撮り、当日と本当に楽しい時間をありがとうございました!

(担当:吉田加奈子)

“パーティレポートTOPへ”